白血病の基礎知識について

血液は血漿と呼ばれる液体成分「90%が水分」とそのなかに浮かぶ血球という細胞成分からできています。血球には体に酸素を運ぶ赤血球、体に侵入してくる病原体と闘う白血球、そして血管に付着して出血をとめる血小板などがあります。
これらの血球はすべて骨のなかの空間「骨髄」でつくられます。血球の製造工場である骨髄にはたくさんの造血幹細胞「血液の“種”の細胞」があります。この造血幹細胞は自分自身を複製するとともに骨髄のなかで分化、増殖、成熟を繰り返してさまざまな種類の血球となり、血液のなかに送り込まれます。
このようにして人間の体では、血液中の各血球はなくなることなく常に生命維持に必要な数が保たれています。造血幹細胞が骨髄のなかで分化、増殖を繰り返して成熟した血球に成長してゆく過程に異常が起こる病気のひとつが急性白血病です。
急性白血病では、造血幹細胞から成熟した血球となる過程の途中で成長することをやめてしまった不良品「芽球または白血病細胞といいます」ができ、この不良品が骨髄中でどんどんと増えていきます。
役に立たない不良品が血球の工場である骨髄の大部分を占めてしまうと、正常な血液をつくることができなくなります。増殖を続ける芽球はやがて骨髄からあふれ出て、肝臓や脾臓などの臓器に浸潤して、塊「腫瘤」をつくったり、臓器のはれを起こします。
白血病の原因について
抗がん薬や放射線などの治療のあとで起こる「二次性白血病」もありますが、大部分の白血病の原因は不明です。白血病の原因は、人によってさまざまだと言われています。必ず、「これ」が原因とは限らないのです。原因不明の白血病が多く、なぜ血液中にがん細胞が生まれるのかわかりません。主に、原因ではないかと疑っているのは、「遺伝子の突然変異」です。白血病患者が急に増え始めたのは、日本に原爆が落とされたときからなので、放射線による遺伝子変異を多くの専門家が考えています。
生まれつき、変異した遺伝子を持っている子供も、白血病になりやすいと言われているのです。たとえば、ブルーム症候群やダウン症候群と言った病気が挙がっています。
白血病の症状について
急性白血病の症状は、正常な血液をつくることができなくなることによる症状と、芽球の増殖による症状に分けることができます。正常な血球「白血球、赤血球、血小板」をつくるスペースがなくなってしまうことによる症状には下記のようなものがあります。
体中に酸素を運ぶ赤血球が減ることで、倦怠感や体を動かした時の息切れなどが起こります。また、外から侵入してくる病原体と闘う白血球「顆粒球やリンパ球」が減ることで、肺炎やそのほかの感染症が起こりやすくなります。急性白血病で感染症を起こした時には、高熱が唯一の症状であることが多いようです。
更に、血小板が減ることで出血が起こりやすくなります。けがをした時に血が止まりにくくなるだけではなく、何もしていないのにあざができたり、鼻出血が起きたり、重症な場合は脳出血や消化管の出血「胃、十二指腸などからの出血」が起こることもあります。
一方、骨髄のなかに増殖した細胞はそこだけにとどまらずに血液のなかに流れていき、肝臓、脾臓、リンパ節、歯肉などのいろいろな臓器に浸潤して臓器のはれを起こすことがあります。また、芽球が集まって塊をつくり、その塊が神経などを圧迫していろいろな症状を示すこともあります。
白血病の治療について
急性白血病と診断されたあと治療しないで放置すると、数日から数週間で死亡します。したがって診断が確定すれば入院し早急に治療を開始する必要があります。
急性骨髄性白血病の場合、病型によって治療成績は多少異なりますが、化学療法で20~50%、移植で40~70%の治癒が期待できます。再発した場合は化学療法だけでは治癒は期待できず、移植が唯一の根治治療となりますが、これによって20~50%の治癒が期待できます。
一方、急性リンパ性白血病の場合、化学療法、移植による治癒率はおのおの15~35%、45~55%と急性骨髄性白血病と比べて少し劣ります。
化学療法も移植も、白血病細胞だけを選択的に攻撃する治療ではなく、正常な臓器や組織も同時に障害してしまいます。しかし、一部の急性白血病では、白血病発症のメカニズム「分子病態」が明らかにされ、その分子病態に的を絞った治療「分子標的療法」が試みられています。
急性骨髄性白血病の一種である急性前骨髄球性白血病に対するオールトランスレチノイン酸療法はその代表例です。この内服薬によって90%の患者さんが完全寛解し、70~80%の患者さんが治癒しています。
これ以外にも、急性骨髄性白血病の細胞表面に認められるCD33という蛋白質に特異的に結合する抗体に抗がん薬を結合させたマイロターグという薬剤も、治療に用いられ成果をあげています。

オススメ情報サイト

♬シアリスは36時間の効果を実感できますのでお楽しみください. シアリス勃起薬ですが、せっかく飲んだとしましても、効き方が弱い場合にはあまり利用ができないものになります。機器が弱いということで、容量の大きなものを飲みますと、媚薬副作用が起こってしまうことも感あげられるのです。

♬糖尿病患者にはレビトラとシアリス?
一般に、糖尿病の患者さんはEDを発症する可能性が高いといわれています。糖尿病の治療というと、厳しい食事制限や適度な運動など、生活習慣の改善を思い浮かべる方が多いと思います。レビトラそして中には、それらの取り組み(摂生)とセックスライフを同列に捉え、「糖尿病になったら性生活は諦めなくてはならない」という考え方をお持ちの男性も多いようです。

♬精力は年齢と共に衰えていくというのは、なんとなく勃起不全知ってる方も多いと思いますが、精力減退の具体的な原因を知っている方は少ないのではないでしょうか。精力減退の原因は下記のようにいくつかあるので、精力剤原因をしっかり把握することで、精力減退の悩みを正確に解消する糸口になるかも知れません。