など、私の白血病原稿はまだ終わらない

三日目、深夜行列は静に寝つく.副隊の庭は急いで歩き歩き,人が寝ていてもと言う.ニュース組の、寝ているべきだと

!」など、私の原稿はまだ終わらない!

Pの時計は、人とコンピューター未休眠.組長の携帯電話は、副隊は、催眠には、最終的には、副.ニュース組の、おまえら何時寝てるんだよ.!すべては言って,白血病、私の原稿はまだ終わらない!

p時間が滴って、キーボードが.食事に風呂に入ると、パソコンのテーブルの前に待機する.朝早起きと宣伝,
シリアス,夕方には豆まき.このことを恐れない、原稿を書く.沐浴光を浴びて、活力に満ち溢れている.月は星が見えない、ただ二人の暗い目のクマ.

朝からぼんやりと目を覚め、意識は恍惚間.まだコンピュータの前に覚えていて、どうして枕の辺.起きると

!」など、私の原稿はまだ終わらない!

下郷はまだ10日まで、雄途は遥か遠い.共に酔田園の田園間、同じ苦しみと同楽心はつながっている.ニュース組員は一線にいて、日にしても恨み言がない.原稿は革新的で高く、また紅土としても!

(文章/林泓ソース/嶺南師範学院の紅土の縁の社会実踐隊)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です