の白血病どが乾いてのどがかゆくてかゆくてかゆくてかゆい

喉かゆみは普通は咽頭炎の表現、漢方医は喉痹、咽頭、胃の関、喉を肺のドアは、外観の邪に肺易傷の不適切な食事に行く、胃は咽頭、喉を邪毒いいに久留の地.咽頭炎が原因の臨床内の、外の分、外因は寒風と寒気の邪、または風の熱いの邪、『温病条つか》曰:温邪を受け、まず肺.喉の居酒屋ではまず、感じのほか邪;内因を素体陰液が不足し、また好食辛い煎炒、痰に熱蕴结、喉に消耗傷肺灼眼や腎臓の陰によってのぼせに炎、やけど唾液割痰、痰熱循経にわずらわさ咽頭、清道失敗だ.そののどはかゆくてかゆくてどんな薬が禁忌を投薬することがありますか?

ミント口中錠:

ミント口中錠成分をメントール、ハッカ油、油など桉葉局部の応用に局部の血液循環を促進することができ、消炎、かゆみ、鎮痛作用;レモン油、クエン酸,白血病、サッカリンナトリウムを矯正する味剤、インディゴを着色剤.ただし、口腔粘膜血管を収縮し,炎症浮腫と痛みを軽減する作用があり.しかしよく服をくわえて、血管収縮によって乾燥して破損し,潰瘍が現れます.

スイカ霜口中錠:

には、スイカの霜や、等の妊婦の慎服の成分を含んで、妊婦に適しないで、流産の史と孕の早期者は使用します.類似の薬も複方草珊瑚口中錠、中国製の薬用のど飴口中錠など.

华素片:

Pにはヨード剤が含まれ、ヨウ素分子は殺菌抗感染の作用があり、口腔、のど部位の病原微生物を含む.ただしヨードは口腔粘膜に刺激性を持ち、長期的には服を.少しはヨウ素過敏な人を含む服が起こるアレルギー反応が、過呼吸、顔色が靑白く、唇が紫に、皮膚の丘疹、全身湿冷などの症状を含む;授乳期の女性服ヨウ素のトローチ、ヨウ素が経乳汁影響赤ちゃん成長発育;甲状腺疾患患者も慎むヨウ素のトローチ.

六神丸:

p>などの成分を含む<ムスク、子宮の収縮を起こすことができるので、妊婦禁止;心臓病患者を六神丸が六神丸に含まれるガマの油、強い心を引き起こす役割、不整脈
催淫剤.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です