以前は白血病言った後

多くの夜语

じめじめして、すべてすでにはだける
私が勝手に童話のイラストを描いて
ジャンプのラインも眠れないから
可能性は1ページも閉じて
可能性は2行文ずっと立って対岸
起きているのは、振る行かないで笑って
いつも熟知してかつ奇妙な夜に目が覚めて、自分の荷物を整理して記憶.私はここにいることを,私は成績が6月の日、変化の多い顔をしています.ずっと考えて、これは私がほしいですか?今、私はわかりました.時に、我々は最も困難な決定、最終的に私たちがした最も美しい事になります!また美しい思い出には尽きない一日、最後には思い出の殘骸だけが.

すべての事は最後までよくなってきて、もし足りなければ、説明は最後までまだ最後までしない.私たちはすべて暗渠の中で生活して,しかし依然として星空が星空を仰ぎ見ることがある.思う存分の小さい靑春の靑春、狂っているのは少し浪費して,白血病、.今は必死でない、これからは命令されて

前に言った後に…こんなんじゃない…私はいつも一人で遠くを眺めることが好きです…空を見上げて…空の飛行機が幻想的に見ていた…

そして…中には熟知している君たちに座っている……,
レビトラの使用体験..でも今は…知らないで…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です