男の白血病子は喘息喀血罹る病気殘り2年当時ハンコック宣告寿命

22歳の黄奕胜はち歳の時に、階段から息,咳出血、親は喘息、心臓病、渡り歩く全台の各大きい病院、小児科、胸腔科、心臓科、最後にやっと診断肺動脈高圧.当時の医師が宣告に年生きて、しかし彼はあきらめたくないを積極的に治療を受けよんしよ年前まで,ついに肺臓移植機会を続け、今薬を飲んで、体の状況の良好.

国内では患者300人300人が300人しか統計、肺動脈高圧の盛行率は100万人約15~15~20人、現在国内で300人の患者だけで.中華民国心臓肺高圧グループは、学会の人身安全の医学院の心臓科名誉教授指摘曾春典、肺動脈高圧は、肺動脈血管病変、心臓は血液をしなければならない才能を送って、心臓に負荷が大きすぎて
海外医薬品ランキング,白血病、ひどく恐心不全で緻死、所属は珍しい病気.

5大症状5大症状は注意

に気をつけて

曾春典医師は肺動脈高圧症状が明らかではありませんて、患者が多数よく間違え診、平均必要よんしよ位を医師が判明し、遅延に年から治療を招いて、病状が速く悪化し、増加死亡率、注意が出たら、咳、民衆が血、腫れ、ハロなどご大症状尽くすべき速から心臓科、胸腔科や肺動脈高圧外来検査.

P薬物健保険には厳しい台灣児童心臓肺高圧研究学会人身安全、台灣及び児童胸腔重症医学会理事長、高雄医学大学付設病院小児科部主任指摘戴任恭、肺動脈高圧無薬を愈し、別名はがんのがん、過去にしか使えない心不全の薬物治療の汚れ、今すでに肺動脈高圧薬を服用し、終生の安定的な病状を抑え、高い薬価が毎月約じゅう万元、必要健保審査許可申請が給付.

には公益活動<P>が開催される

を応答ご月ご日世界肺高圧日、中華民国心臓基金会今年を『階』力伝愛-配慮肺動脈高圧公益活動は、ご月ななしち日、はち日、じゅうよん日、じゅうご日台北101で、ななしち日、はち日高雄捷運左营駅の階段を吹いて、招待民衆や風船、体験肺動脈高圧患者の感じ、向上社会大衆に肺動脈高圧の認識.