白血病の発病原因と症状のご紹介

白血病とは
白血病は、造血幹細胞から血液細胞(白血球、赤血球、血小板)へと成熟する途中の細胞ががん化します。がん化した細胞(白血病細胞)は、骨髄内で増殖し、骨髄を占拠してしまいます。そのため、正常な血液細胞が減少し、貧血、免疫系のはたらきの低下、出血傾向、脾臓(血液を貯蔵しておく臓器)の肥大などの症状があらわれます。

白血病は病気の進行のパターンによって急性白血病と慢性白血病に分類されます。急性白血病はまた、がん化した細胞のタイプによって骨髄性とリンパ球性に分類されます。慢性白血病は、急性白血病が慢性化したものではありません。未熟な血液細胞の増殖が比較的緩徐で、正常な血液細胞への分化機能が保たれている白血病で、急性と同じく細胞のタイプによって骨髄性とリンパ性に分類されます。

白血病の発病原因
白血病の根本原因については未だ明確には分かっていませんが、現時点では、胃ガンや肺ガンなどと同様に複数の遺伝子異常が原因で発症すると考えられています。ガンを引き起こすガン細胞は、遺伝子が傷ついて異常を起こすことで計画細胞死(不要な細胞が死んでいく仕組み)が正常に起こらなくなった細胞です。これと同じように、血液細胞の遺伝子も傷がつくと計画細胞死が起こらなくなり、細胞が増殖し続ける白血病を発症します。

白血病の症状
白血病には主に、“急性白血病”“慢性骨髄性白血病”“慢性リンパ性白血病”の3種類があります。自分の体に起こる症状によって、白血病の種類は異なるのです。たとえば、“急性白血病”の場合、出血しやすくなる傾向があります。ちょっと角に当たっただけでアザができる、ケガをしたときの出血がひどい、鼻血が止まらないなど、さまざまな症状が起こるでしょう。

特に、何もしていないのにアザがあちこちにできた場合は要注意です。アザが治りにくい症状も急性白血病の特徴になります。また、ほかにも、貧血や発熱などの症状も出てくるでしょう。頭痛・吐き気・嘔吐(おうと)・骨や筋肉の痛みなども症状の中に入っているので注意してくださいね。

慢性骨髄性白血病になると起こる症状は、全身のだるさやおなかの膨張、体重減少になります。いつもと同じ量のご飯を食べたのに、体重が急激に落ちた人は要注意です。慢性リンパ性白血病の場合、最初はリンパ節が腫れ、次に、免疫力が低下するでしょう。食欲もなくなり始め、体重減少や全身のだるさを覚えます。