白血病はどのようにか引き起すか?

白血病は血液を造り出すシステムの悪疾で、“血のがん”と呼ばし、国内十大悪性腫瘍の一つである。すなわち、造血組織の中であるタイプの白血病細胞は髄あるいは他の造血組織の中で悪質に増えてことが発生し、そして体内のそれぞれの臓器や組織に浸潤し、正常な造血細胞を抑制することを受けさせて、様々な症状を生じす。臨床症状は主に発熱、出血、貧血、肝臓、脾臓、リンパ腺の腫れにする。 我が国で白血病患者は3~4人/10万人口、児童の悪性腫瘍の中で白血病の発病率は最高である。 調査することに基づいて、我が国 で10歳の児童白血病の発病率は2.28人/10万人、いかなる年齢でも発病することができて、男性の発病率は女性より高い。 そして、農村の発病率は都市より多い。 ここ十年間以来、アメリカ、日本、イギリスなどの国家の白血病発生率と死亡率がだんだん上がるようになる。全世界にはおよそ24万の急性白血病患者がいる。 急性白血病は中国医学の“虚の癆”、“急性熱病”に属して範疇である。

現在の白血病の適確の原因はまだ分からなくて、ただたくさんの科学技術研究は、放射線、ある化学品、ウィルスと遺伝要素などのため白血病を誘発することができると表明する。

ウィルス

人間は白血病のウイルス感染症の研究はすでに数十年がある。 細胞白血病はウィルスから引き起こしていたことに違いない。 他の類白血病はまだそのウィルス要素を実証することができなくて、決して伝染を持っていない。

電離放射

電離放射は白血病を引き起こすことができる作用があって、その影響は放射線量と照射部位と関係があって、1回の多くの投与量あるいは小さい用量は全部白血病を引き起こす可能性がある。

化学物質

ベンゼンは白血病を引き起こすことができることは比較的確定である。 ベンゼンは主に急の粒と赤い白血病を引き起こす。

遺伝要素

ある白血病は遺伝の原因で発病することができる。