白血病は完治できる?

白血病は10万人に6.5人の方がかかっている病気であり、血液のがんともいわれています。白血病と聞くと、「不治の病」や「治らない病気」というイメージです。本当に完治できませんか?

実は医学研究の進歩にしたがって、媚薬化学療法や造血幹細胞移植を行って、治癒し社会に復帰している人はたくさんいます。急性白血病の5年生存率は平均して約50~60%程度です。その中で、急性リンパ性白血病は生存率が大体40%程度です。小児の方が治癒する可能性が大人より高いです。約80%程度です。しかし白血病の種類や行った治療法により大きく異なります。

例えば、慢性白血病では、ステージI・II期では、約5~10年の生存期間です。ステージIII・IV期では、約2~3年が生存期間であるといわれています。造血幹細胞移植を行えば、生存期間をもっと伸ばすことができます。

しかし、白血病合併症があれば、怖くなります。白血病にかかったら、免疫力が低下し、肺炎や敗血症などの感染症にかかり死亡するケースが大半です。急性白血病は治療がうまくいかなければ、レビトラ数日から数週間で死に至ってしまいます。

白血病の治療後で再発する可能性はあります。これは最も怖いです。白血病の再発は通常5年以内に起こり、逆に5年間再発しなければ、以後、再発率はかなり下がります。ですから、白血病の治療を終えて、退院しましたが、2週間に1回くらいの頻度で通院は必要です。薬を毎日飲まないといけないです。なお、食事や運動等の生活でも色々と制限があるので、ご注意ください!