顔を見上げ、白血病横目に、頬を流れさせない

独りで1人が寄りかかって道路の側で座って,どこで、井盖,本当に殺風景、ここの天気が柔らかく、太陽はない、風雨は、不変の風雲、整然と併ポプラの地平を越えて、高くそびえる体、のっぺりと佇んで道の両側には目の緑眼下に、それの援護もとで、1本の広い道も支線よう遠く消えて、人通りが、私から離れて、まるで私は存在して、ひとしきりひとしきり香る花が、風が吹くと、空気、鼻の香を、ゆっくり、ゆっくり流れてる涙、花の香りに鼻をどう刺激た目は心が、まさか、あなたではないが、繰り返し聞いている昔の歌、記憶の中であなたのシーンに影響を及ぼしている……強く強く私にはそれを黙らせ、過去に殘して、しかし私は目覚めませんが、突然時空に回すと、急に川の前に来て、1本のルージョウラオジャオ握り、一口味わった、渋い、点刺喉、大丈夫また来た第二口、靑靑の芝生で一本柳柳を下げ、風がふいたことがあって、酒、香り、もう一人は私とか、飲み尽くしたばかりで、突然驚いて目を覚まし、携帯開いてもうすぐ昼下がり、元は夢、夢が覚め元の軌跡に戻って,媚薬 錠剤,白血病、ゆっくり溶け始め、次徴途.