6分の白血病1のホーム

ぶうぶうぶうぶう、……汽笛の音とともに、人目を引く大きなスローガンのバスが僕の前に止まっていた.

1つの硬貨を渡しました、私は一日の旅に出て、私は1日の旅に出た.

バスの後ろのあの扉、私,白血病、あの下車した乗客、もう他の人はない.提げは、オレンジ色の車を支え、車の1行とともに、軽微揺れる.ホームを6部に分けて、私はただ1つの6分の1を占めて.

「Pは、午後の光、道ばた大樹の葉、というのは、私の足の上に論破て,
強力媚薬,膝の上に落ちていた.私は少し眠気が、猫のように、手すりに頼り、目の半分は半閉.車の旅客は少しずつ増え、また少しずつ減っている.私は、ずっとそこに守り抜くている.

二番バスターミナル、ちゃんと1基の小さい本屋のそばに止まって、それは私の知識の源で,心の慰謝.午後、ご飯を食べ、寝て、はるばるとし、苦労をしてここに駆けつけた.降りた車、鶴首、6、六分の一のホームは、広大な人海に消えていった……